南京楼凤网

うーん、

東野はうなずいた。

先生のギゴ、全然気にしない。時間

がかからなかった。

あはは、2回目のレビュー。

まあ、

まだうなずいた。

太田は自分を感じた。この後輩は傲慢すぎて、まさか、ただの奴隷なので、待ち続けましょう。

結果は3回目

です!なぜですか?

これ

はうまく

いき

ませんでした。

この男太田は馬鹿の南京桑拿会所网ように泣きました。

東野はそれを真剣に受け止めませんでしたが、彼はいつも彼を慰めなければなりませんでした。しかし、私は期待していませんでした…ビット。

ああ?電気ショックを受けに行きましょうか。

わかりました!問題ありません!明日ですか?

夕食時に電撃文久からの電話があったのですが

、他の人を慰めていた東野さんもびっくりしました

が、好転はありますか?

実は電撃文庫は門川書店に所属しており、実は日本の光小説のいわゆる「ごさんや」、電撃文庫、藤見文庫、門川スニーカー文庫はすべて門川書店に所属して

おり、東野と太田は一緒に信州でこの電撃メディア誌に来たとき、すぐに電話で編集者に会いました

こんにちは、ああ、私は本当に若いです。私の名前南京桑拿楼凤网は戸田優です。戸田と呼んでください。こんにちは、私太田さん

、東野で一番強いです

編集者に会い、すぐに話し合いの段階に入りました。

余計な言葉はほとんどないので、さっそく話題に移りましょう。

実は今回の貢献の話はまだまだいいですが、はははなど、ファッショナブルなものが足りません。アスペクトは十分ではありません。それは

本当に簡単です。

東野と太田お互いをて憐れみを感じました

が、結局奴隷で東野の目で抑圧されていた

ので、この戸田編集者は次のように述べています。話は大丈夫です。ピュアラブフローのライトノベルも良いですが、ピュアラブフローは他の側面を強化する必要があります。つまり、内部の元の絵は本当に悪いです。 。

これ、太田に大打撃を与えましょう。

一般的にその場で死ぬかのように彼の顔を見た東野の強い先輩。

これは公の処刑と見なされます。それは本当にひどいことです。

ああ、あなたが責任を負っています。原作です。もちろん編集者の戸田はすぐに理解しました。江苏桑拿论坛

太田はもう魂のない状態です。

東野はこう言うしかありませんでした。では、なぜ編集者の戸田が私たちに来てくれと頼んだのですか?

戸田は微笑んで言った。「とてもシンプルです。あなたはとても若くて、そのような可能性を秘め